9to5Macは15日(現地時間)、新たに韓国サムスン内部に ”アップル製品向けのディスプレイ” に関する独立したチームが発足した可能性を伝えています。なお、サムスンとアップルともに、この情報についてのコメントは差し控えている模様です。

記事74.1

この新チームは「200人規模」の人員で構成され、「iPad」シリーズと「MacBook」シリーズ向けのディスプレイに関してのみに取り組む ”独立した専門チーム” となる見込み。また、彼らの取り組むプロジェクトに関する一切の情報はチームメンバー内でのみ共有が許され、同じサムスンに属する他チームを含む ”あらゆる外部” との共有を禁じられているとのことです。

なお、このチームが「液晶ディスプレイ」と「有機ELディスプレイ」のどちらに取り組むことになるのかは判然としませんが、これまでのアップル製品の傾向や現在の有機ELディスプレイ技術から見て、まず前者であると考えて間違いはないと思われます。

既に、アップルの次世代SoC「A9」チップの一部がサムスンによって生産される可能性がこれまでにも指摘されていますが(過去記事)、仮に今回の情報が事実だとするならば、両者の結び付きはますます強固なものになりそうです。

[9to5Mac]