第6世代「iPod touch」年内にも登場か…SoC・カメラ強化にTouch ID実装?

WCCFtechは24日(現地時間)、米アップルが「iPod touch」の新型モデルを年内に発表する可能性が、新たに指摘されたことを伝えています。

記事124.1

画像は現行モデル(第5世代)の「iPod touch」のもの

伝えられるところによると、”第6世代” となる新型iPod touchには、「A6」ないし「A7」チップが搭載されるほか、カメラ性能の強化と「Touch ID」の実装が行われる見込みとのこと。またディスプレイには、引き続き「4.0インチ」のパネルが採用される模様です。

また、北米市場で8月末頃にかけて大々的に開催される ”Back to School(新学期)セール” までには正式に発表される可能性も、今回新たに指摘されることとなりました。

ここ数日の間には、アップルが台湾AUOに4.0インチディスプレイを新たに発注したとの情報(過去記事)や、新型の4.0インチiPhoneは年内には登場しないとの情報(過去記事)も伝えられています。加えて、年内にはApple独自の音楽配信サービスも開始されることが半ば確実視されており、そのサービスを十全に活用できる ”専用プラットフォーム” として、刷新されたiPod touchが投入されるのは理に適っているようにも思えます。

現時点では信憑性の定かではない噂の1つに過ぎませんが、このまま製造中止に追い込まれてしまうのではないかとすら危ぶまれていたiPod touchも、いよいよ数年ぶりに ”リフレッシュ” の時を迎えることになるのかもしれません。

[Apple Insider via WCCFtech]

ソーシャルシェア

コメント投稿