「Surface Pro 4」、10月中にも発表か

Phone Arenaは5日(現地時間)、米マイクロソフトの人気タブレットPC「Surface Pro 3」の後継モデルは、「Windows 10」とともに今年10月中にも正式発表される見込みであると伝えています。

記事26.1

仮にこの情報が事実だとするならば、その登場時期からも、米Intelの次世代アーキテクチャ「Skylake」ベースのチップがCPUに採用されていることが期待できそうです。現行最新の「Broadwell」ファミリーには、Surface Pro 3にも搭載される「Haswell」世代の「H」シリーズに相当するチップが用意されていない点も、この推測を支える根拠としては大きいように思われます。

なお、これまでの情報の中では、「Surface Pro 4」には12インチと14インチの2モデルが用意され、RAM容量とストレージ容量も強化される可能性が指摘されています。また、Skylakeシリーズも2015年下半期の出荷開始を予定していることが、既にIntel幹部の口より明らかにされています(過去記事)。

「デスクトップ」と「モバイルデバイス」という2つの異なるプラットフォームとの融和を目指すWindows 10にとって、いわゆる ”2-in-1” タイプのSurface Proシリーズは、その完成度や操作性をアピールする為にまさにうってつけの存在。指摘される排熱処理問題などの ”弱点” を完全に克服した、魅力的な製品として登場することに期待です。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿