Windows 10の登場に合わせて、2機種の「フラッグシップ級Lumia端末」が発表?

GSMArenaは16日(現地時間)、米マイクロソフトが「Windows 10」の正式リリースに合わせて、新たに4機種の「Microsoft Lumia」デバイスの投入を計画している可能性が、新たに指摘されたことを伝えています。

画像は「Lumia 640」のもの

伝えられるところによると、用意される4機種のうち2モデルについては「Lumia 930」の後継モデルとなり、それぞれ5.0インチディスプレイを搭載する「Lumia 940」と、5.7インチモデルの「Lumia 940XL」として登場する見込みとのことです。

また、両モデル共通で「2,400~2,500万画素」のカメラモジュールが搭載され、フロントカメラの画素数は「500万画素」(あるいはそれ以上)になる模様。Windows 10をプリインストールし、”スタイラスペンによる操作” をネイティブでサポートしているほか、「3Dインターフェース」や「虹彩認証機能」などが実装される可能性も指摘されています。

Lumia 640の大型モデル「Lumia 640 XL」

そのほか、ディスプレイの解像度や搭載されるSoCなどの詳細については言及されませんでしたが、おそらくはヘキサコアないしオクタコアのチップが採用されることになるものと思われます。

なお、残りの2モデルに関しては、それぞれLumia 830とLumia 730の後継モデルとなり、前者は5.0インチ前後、後者は5.5から5.7インチのディスプレイが搭載される模様。また前者はメインカメラに「1,300~1,400万画素」のPureViewカメラを採用する一方で、後者にはPureViewカメラではない一般的なカメラモジュールが実装されるとのこと。

なお、これらのスマートフォンはいずれも、2015年第3四半期早々にも発表される見込みです。

[GSMArena]

コメント投稿