マイクロソフト、WindowsへのAndroid/iOSアプリ移植を簡便化する新SDKを発表

米マイクロソフトは29日(現地時間)、AndroidアプリやiOSアプリの「Windows 10」プラットフォームへの移植を容易にする新たなSDK(ソフトウェア開発キット)を発表しました。なお、本日より提供が開始されています。

記事148.1

今回マイクロソフトが開発者向けカンファレンス「BUILD 2015」内で発表した新たなSDKは、全部で4つ。その中には、「Java」あるいは「C++」を用いるAndroidアプリ開発者や、「Objective-C」によるiOSアプリ開発を行う人をターゲットにしたSDKも含まれていました。

マイクロソフトの発表によると、この最新ツールを利用することで、アプリ開発者はプログラムコードを多少変更する作業を行うだけで、簡単にそのアプリをWindows 10上で動作させることが可能になるとのこと。

記事148.2

なお、先日Windows Phone向けに提供が開始された世界的に人気のパズルゲーム「Candy Crush Saga」も、実際にこのツールを用いて移植作業を行ったそうですが、たった数行のコードを最適化するだけで作業が完了したことが、マイクロソフトによって明らかにされています。

”第3のOS” と呼ばれつつも、長らくの間思ったようにシェアを獲得することが出来ずに苦境に喘いでいたWindows Phoneプラットフォームでしたが、もし主張される通りにアプリの移植作業が大幅に簡便化されるのならば、この先モバイルプラットフォームの版図が少なからず塗り替えられることになるかもしれません。

[Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿