WWDC 2015は6月8日より開催 ―公式発表

アップルは14日(日本時間)、同社が主催する開発者向けカンファレンス「WWDC 2015」を、サンフランシスコの「モスコーン・ウェスト(Moscone West)」で6月8日から12日にかけて開催すると発表しました。

wwdc-2015

アップルの公式サイト上には、”The epicenter of changer(変化の震央)” というメッセージとともに、カラフルな四角形と円を組み合わせたロゴが表示されています。

昨年同様、今年も抽選方式により参加チケットの当選者を決定する方式がとられるとのこと。太平洋夏時間の4月17日午前10時(日本時間では18日午前2時)から事前登録の受付がスタートし、抽選結果は20日の17時(日本時間の21日午前9時)までに発表されます。

今回のWWDCでは、OS Xの最新バージョンやiOS 9のほか、次世代Apple TVや、現在準備中とされる音楽配信サービスに関する情報が公開されるものと見られます。

[Apple via THE VERGE]

ソーシャルシェア

コメント投稿