Phone Arenaは30日(現地時間)、ソニーから今夏にも発表される見込みの「Xperia Z4」のスペック情報が、新たに発見されたことを伝えています。

記事1.2

GFXBenchの公式Webサイト上に登録されていたデータによると、Xperia Z4は「5.1インチ」のフルHD(1920×1080)ディスプレイに加え、Snapdragon 810を搭載。また、RAMとストレージの容量はそれぞれ3GBと32GBとなるほか、メインカメラには2,000万画素、フロントカメラには500万画素のCMOSセンサーを採用している模様です。

今回のスペック情報はこれまでに伝えられてきたものと概ね合致しています。ただし、これまでのXperia Zシリーズに与えられてきた型番ルールに照らし合わせて見るに、可能性が高いとはいえ、この「E6533」というモデルナンバーが本当にXperia Z4のものであるという確証はありません。

記事1.1

以前リークされた「Xperia Z4」のレンダリング画像

なお、Xperia Z4には「WQHDディスプレイ(2560×1440)」を搭載したモデルも用意されるとのことですが(過去記事)、もしかするとディスプレイ解像度以外のスペックも強化された ”上位機種” として登場するかもしれません。

ライバルメーカー製のフラッグシップモデルより何カ月も遅れて登場する以上、”後出し” に相応しいスペックの端末として登場することに期待したいところです。

[Phone Arena]