「Xperia Z4」と見られるソニーの未発表端末、FCCの認証を正式に通過

GSMArenaは1日(現地時間)、「Xperia Z4」と見られるソニー製の未発表端末「PM-0780」が、新たにFCCの認証を正式に通過したことを伝えています。

記事10.1

以前リークされた「Xperia Z4」のレンダリング画像

同機を巡っては、今年の1月中旬にもキャリア別に用意されたものと見られる端末が日本の技術基準適合証明(技適)やFCCを通過したことが伝えられています(過去記事)。

また、FCCに登録されているデータから、このPM-0780にはSDカードスロットが搭載されていることや、外形寸法がおよそ「146(W) × 73(D) mm」となることが明らかになったとのことです。なお、この外形寸法は「Xperia Z3」とほぼ同等の値となります。

仮に今回の情報が事実だとするならば、多くのXperiaファンからも懸念されていた ”microSDスロットが廃止される” 事態は、どうやら回避された模様です。

先日伝えられた情報によると、Xperia Z4はmicroSDカードスロットを搭載し、9月初旬にベルリンで開催されるIFA 2015において正式発表される見込みとのことですが、数日前には、GFXBench上に登録されたXperia Z4のものとされるスペック情報も発見されており(過去記事)、今回の情報と合わせて近日中の正式発表に期待してしまいます。

[GSMArena]

ソーシャルシェア

コメント投稿