「Adblock Plus」のEyeo GmbH、近日中にも独自のWebブラウザをリリースか

Neowinは17日(現地時間)、Webブラウザ上から広告を排除(フィルタリング)する拡張機能「Adblock Plus」の開発元として知られるEyeo GmbHが、近日中にもAndroid OS向けの独自開発Webブラウザの提供を開始する見込みであると伝えています。

記事92.1

既にEyeo GmbHからは、モバイルデバイス向けの広告フィルタリングアプリ「AdBlock Plus」が提供されていますが、世界中で数百万回もダウンロードされる人気ぶり。また、iOSプラットフォーム向けに独自Webブラウザが提供される可能性が示唆されることもありましたが、それは実現されることなくて今日を迎えています。

今回伝えられるところによると、Android OS向けに開発された独自Webブラウザが、来る5月20日より提供開始されるとのこと。なお、レンダリングエンジンには「Chromium」が採用されることを除いては、詳細についてはほとんど判明していません。しかし、少なくとも広告に悩まされることとは無縁の存在として登場することだけは間違いなさそうです。

世界中で高い評価を獲得する彼らが満を持して登場させるWebブラウザなだけに、大きな期待と注目が集まります。

[Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿