アップル、「iOS 8.4 beta 3」と「OS X Yosemite 10.10.4 beta」を正式リリース

9to5Macは11日(現地時間)、米アップルから新たに「iOS 8.4 beta 3」と「OS X Yosemite 10.10.4 beta」の提供が正式に開始されたことを伝えています。

記事54.1

4月末に「iOS 8.4 beta 2」の提供が開始されたばかりでしたが(過去記事)、早くも最新ビルドの提供が開始されました。

主な変更内容は、iOS 8.4世代より大幅に刷新されることとなった「音楽アプリ」のUIデザインの修正や操作・機能性の改善とのこと。また今回アップルは、「Xcode 6.4 beta 3」についても提供を開始しています。(Xcodeについては「こちら」

記事54.2

さらに今回、次期OS X世代において ”初の開発者向けビルド版” となる「OS X Yosemite 10.10.4 beta」(ビルド番号:14E17e)も同時にリリース。Apple Seadプログラムの参加者であれば、既にMac App Storeを通じてダウンロードすることが可能とのことです。

”独自の音楽配信サービス” の実装が最大の焦点の1つになると予測されるWWDC 2015まで、およそ残り1ヶ月。「iOS 8.4」や「iTunes 12.2」以外にも、新型「Mac mini」などを筆頭に多くの発表が行われることが期待されます。

[9to5Mac[1][2]]

ソーシャルシェア

コメント投稿