Apple Watchに搭載される「隠し6-pinポート」、充電目的にも利用可能なことが判明

9to5Macは3日(現地時間)、「Apple Watch」本体に搭載された ”隠し6-pinポート” を利用して充電を行うことを可能にする交換バンド「Reserve Strap」の事前予約が開始されたことを伝えています。

記事17.1

バンドと本体の接続部に「隠し6-pinポート」が存在

先日、Apple Watchのバンド接続部に6-pinポートが密かに存在していることが判明しましたが、元々は工場でのメンテナンスに使用する目的で搭載されたものとされていました。

しかし今回、Reserve Strap社はその隠しポートを利用して充電が可能なことを発見し、これまで開発してきた製品とまったく異なるデザインとアプローチを採用した「Reserve Strap」新型モデルの開発を進めていることを、公式Webページ上で明らかにしました。

記事17.2

新モデル(左)と旧モデル(右)

旧モデルにおいては、通常の充電方法となる ”ワイヤレス充電方式” を利用する構造を採用していましたが、新モデルにおいては、6-pinポートを通じた ”有線接続式” を採用することで、より高速な充電が可能になりました。

既に「249ドル」(約3万円)にて先行予約の受付が開始されており、出荷予定時期は今秋を予定。なお、カラーバリエーションとしてホワイト、グレイ、ブラックの3色が、それぞれ38mmモデルと42mmモデル向けに用意されています。

[9to5Mac / Reserve Strap]

ソーシャルシェア

コメント投稿