Apple Watch初のOSアップデート、「Watch OS 1.0.1」の提供が開始される

米アップルは19日(現地時間)、「Apple Watch」として初となるソフトウェアアップデート、「Watch OS 1.0.1」の提供を正式に開始しました。

記事101.1記事101.2

アップデート内容としては、”パフォーマンス向上とバグ修正” がメインとなるほか、かつて「iOS 8.3」ならびに「OS X 10.10.3」において追加された300以上もの絵文字を新たにサポート。また、新たにブラジルポルトガル語、デンマーク語、オランダ語、スウェーデン語、ロシア語、タイ語、トルコ語にも対応することになります。

以下は、Watch OS 1.0.1によってパフォーマンス向上がもたらされる主な要素。

  • Siri
  • 起立状態の運動測定
  • 室内でのサイクリングマシーンやローイングマシーン利用時のカロリー計測
  • 屋外でのウォーキングやランニング時の距離およりペース測定
  • アクセシビリティ
  • サードパーティ製アプリ

全体的なパフォーマンス向上と動作安定が実現されるのみならず、7つの言語や300以上の絵文字を新たにサポートするなど、初回のアップデートとしてはなかなか充実した内容となりました。

なお、アップデートはiPhone向けアプリ「Apple Watch app」を通じて入手が可能。総データ量「51.6MB」となる今回のアップデートを行う際には、Apple Watch本体に十分なバッテリー残量がありかつ電源に接続した状態での実行が推奨されていますので、実行する際にはご注意ください。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

コメント投稿