「Zenfone 3」と見られるASUS製の未発表デバイス、中国TENAAの認証を通過

Phone Arenaは27日(現地時間)、台湾ASUS製の未発表製品「Zenfone 3」と見られる端末のスペック情報とレンダリング画像が、中国TENAAのデータベース上に発見されたことを伝えています。

記事135.1記事135.2

今回、中国の認証機関であるTENAAのデータベース上に、「Z00EDB」というモデルナンバーのASUS製の新型端末の情報が発見されました。

また、Phone Arenaが指摘するところによると、この端末はZenfone 3という名称が与えられ、既に今年1月に正式発表されている「Zenfone 2」よりも ”安価な端末” として登場することになる見込みとのことです。以下は、TENAA上に登録されていた主なスペック。

OS Android 5.0.2 Lollipop
ディスプレイ 5.0インチ HD(1280×720)IPSディスプレイ
液晶保護 Corning Gorilla Glass 3
SoC 1.2GHz駆動 64-bit クアッドコア SoC
GPU Maliシリーズ(※型番不詳)
RAM 2GB LPDDR3メモリ
ストレージ 16GB
メインカメラ 800万画素(HDR撮影機能 搭載)
フロントカメラ 500万画素
ネットワーク 3G通信 
4G LTE通信
ワイヤレス Bluetooth 4.0
Wi-Fi 802.11 b/g/n
その他 microSDカード 対応(最大32GB)
デュアルSIM 対応
カラーバリエーション ブラック / ホワイト / レッド / ブルー / パープル
ゴールド / シルバー /
外形寸法 143.7(W) × 71.5(D) × 10.66(H) mm
本体重量 145g

Zenfone 2で採用された「5.5インチ フルHD(1920×1080)IPSディスプレイ」よりも、一回り小型かつ低解像度な「5.0インチ HD(1280×720)IPSディスプレイ」の搭載を筆頭に、全体的にZenfone 2よりも控え目なスペックに仕上げられていることが確認できます。

記事135.3記事135.4

なお、現時点では販売価格や発表時期については判明していませんが、今回こうしてTENAAの認証を正式に通過したことを考慮するに、おそらく近日中にも正式な発表が行われることに期待しても良さそうです。

しかし、Zenfone 3というZenfone 2の直接の後継ナンバリングモデルとして登場するとなると、いささか物足りないスペックにも感じられます。個人的には、今回判明したスペックから察するにミッドレンジ級モデル「Zenfone 5」の後継モデルとして登場することになるのではないかと睨んでいるのですが、はたして。

[TENAA(翻訳) via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿