Google、今月28日のGoogle I/O 2015において「Android M」を発表へ

The Vergeは6日(現地時間)、米Googleが現地時間5月28日より開催を予定している開発者向け年次カンファレンス「Google I/O 2015」において、次世代Android OSとなる「Android M」が発表される見込みであると報じています。

記事26.1

今回、Google I/Oにおける基調講演の中で実施されるセッションに関する解説が公式Webページ上に公開され、その中にAndroid Mに関するセッションも含まれていました。残念ながら、現在は該当するセッションに関する情報は削除されてしまっていますが、Android Mの具体的な詳細についてを知るわずかな手がかりもまた確認されています。

手がかりとなるのは、「Android at Work」、「Interruptions」、「Voice Access」という3つのセッション。それぞれの解説が示唆するところによると、エンタープライズ分野向けに機能を強化したOSとなり、また ”通知機能に関するシステムの更なる改良” ”音声入力による操作性の強化” が新たな要素として導入されるとのこと。

64-bit化や新仮想マシンの採用など、かなり大規模なアップデートとなった「Android L」でしたが、はたしてその次世代バージョンは一体どのようなものとなるのでしょうか。堅実な改良版となるのか、はたまた画期的かつ意欲的な新機能が導入されるのか、その ”正式名称” と併せて非常に続報が楽しみです。

[The Verge]

ソーシャルシェア

コメント投稿