ミンチー・クオ氏、「iPhone 6sは8月中に発表される見込み」との見解を明らかに

9to5Macは21日(現地時間)、香港KGI証券のアナリストであるミンチー・クオ氏によって、「iPhone 6sシリーズが8月中に発表される」見込みであるとの見解が新たに明らかにされたことを伝えています。

記事113.1

iPhone 6s世代では「ローズゴールド」モデルが追加される?

今回クオ氏が明らかにした見立てによると、「iPhone 6sシリーズは8月中に正式に発表され、9月中にはその販売が開始される見込み」とのこと。先日の噂を補強するような形で、新たな情報が追加されることとなりました。

もし事実なのであれば非常に興味深い限りですが、一方で今回の情報とほぼ時を同じくして、「iPhone 6sシリーズは、例年通りのタイムスケジュールで発売される」という、クオ氏の見解とは真っ向から反する指摘も伝えられています。世界的に注目度の高い製品にはしばしばありがちなことですが、やはり新型iPhoneにおいても情報は錯綜することになるようです。

また、9to5Macは「クオ氏は、アップルが “何を” 計画しているかについては高い精度で予測を的中させるものの “いつ” それが実現されるのかという予測に関しては精度が落ちる傾向がある」としていますが、まさに言い得て妙な評価とも思われます。

あまり期待し過ぎても外れた時に余計に酷く落胆するだけですので、気楽に構えつつ明るい続報に期待したいところです。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

コメント投稿