Microsoft HoloLensには、将来的に「相手の感情を判定する機能」が実装される?

Neowinは30日(現地時間)、米マイクロソフトの手がけるVRヘッドセット「Microsoft HoloLens」に、”対象の感情を判定する機能” が将来的に実装される可能性があると伝えています。

記事5.1

今回、USPTO(米国特許商標局)によって ”VRヘッドセットを利用して、現在の対象の精神状態を判定する機能” に関する特許が承認されました。この特許はマイクロソフトによって2012年に出願されていたものでしたが、ついに数日前に正式に取得するに至ったとのことです。

なお、この技術の概要は、VRヘッドセットを通じて確認した人物の挙動や表情などを測定し、それを人間の振る舞いや表情と心理状態との関連性についてのデータベースと照らし合わせることで、対象の感情を判定しそれをディスプレイ上に表示するというもの。

現時点では、この技術がHoloLensに導入されるのか、はたまた別のVRヘッドセットが用意されることになるのか、いつ頃製品化されることになるかは分かりません。心理学や医療の分野にも応用が期待される技術とのことですが、その精度や日常生活における利用シーンなどを含め、まだまだ ”未知数” な分野といったところでしょうか。

[Neowin]

コメント投稿