UnleashThePhonesは1日(現地時間)、米マイクロソフトより年内にも投入されることが予告される ”フラッグシップ級Lumia端末” のスペック情報が、新たにコードネームとともにリークされたことを伝えています。

記事8.1

今回マイクロソフトが投入を計画していることが詮らかになったモデルは、それぞれ「Cityman」「Talkman」というコードネームが付けられている2種類の端末。両者ともに現行フラッグシップ機となる「Lumia 930」から大幅な性能向上を果たしつつ、とりわけ後者においては更なる薄型化を実現しているとのことです。

以下は、伝えられるところの主なスペック。

Cityman

OS Windows 10
ディスプレイ 5.7インチ WQHD(2560×1440)ディスプレイ
SoC Qualcomm オクタコア SoC(Snapdragon 810?)
RAM 3GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 2,000万画素(トリプルLEDフラッシュ 搭載)
フロントカメラ 500万画素
バッテリー 3,300mAh
その他 microSDカード 対応

Talkman

OS Windows 10
ディスプレイ 5.2インチ WQHD(2560×1440)ディスプレイ
SoC Qualcomm ヘキサコア SoC(Snapdragon 808?)
RAM 3GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 2,000万画素(トリプルLEDフラッシュ 搭載)
フロントカメラ 500万画素
バッテリー 3,000mAh
その他 microSDカード 対応

かなり現実味のあるスペック情報であるとの印象を覚えますが、現時点ではあくまでも ”未確定情報” に過ぎません。また、個人的にはフラッグシップ級ファブレット「Lumia 1520」の後継モデルの情報が気になるところ。このCitymanがそれにあたるのか、はたまた別に用意されているのか。続報に期待したいと思います。

[UnleashThePhone via Neowin]