Galaxy Note Edgeの後継モデルらしき端末情報がネット上で確認される

GSMDomeは10日(現地時間)、WebブラウザのHTML5処理性能を評価するWebサイト「HTML5 test」のデータベース上に、「Zenzero」なるコードネームのサムスン製端末の情報が確認されたことを伝えています。

記事49.1

こちらは、今回発見されたZenzeroのスコア表示画面の一部を切り取ったスクリーンショット。画像からは、この未発表端末に実装される「Samsung Browser 3.2」なるWebブラウザのスコアが555点満点中「503点」を記録したことや、「Android 5.1.1」がインストールされていることなどを読みとることができます。

ここ最近の間に伝えられる情報によると、サムスンは秋頃に「Galaxy Note 5」と「Galaxy Note Edgeの後継モデル(Galaxy Note 5 Edge?)」を登場させる見込みとのこと。さらには、後者に与えられたコードネームは「Project Zen」とされており、今回存在が明るみに出たZenzeroとの繋がりを感じさせるものとなっています。

今回の情報だけをもって、”Project Zen = Zenzero = Galaxy Note 5 Edge” と結論付けるのはやや早計なようにも思われますが、少なくともZenzeroなる内部コードネームの端末が開発されている可能性は高いと言えそうです。

ただし、HTML5test自身が言及しているように、このデータが ”本物” であるという確証はなく、今はまだ話半分程度に受け止めておいた方が良いかもしれません。

[HTML5test via GSMDome]

コメント投稿