任天堂、25年ぶりとなる「Nintendo World Championships」の開催を告知

任天堂は13日(現地時間)、同社主催の公認ゲーム大会「Nintendo World Championships」をおよそ25年ぶりに復活させ、6月14日に米国において開催することを正式に発表しました。

1990年の開催以降、初となるNintendo World Championshipsは、米ロサンジェルスにあるNokia Theaterにおいて開催されます。ちなみに開催日の6月14日は、世界最大規模のゲーム見本市「E3 2015」開幕のわずか2日前にあたります。

予選試合は、米国中に存在するBest Buy(米国最大手の家電量販店)の店頭において実施され、そこで勝ち抜いた一部のユーザーならびに ”招待選手” が、本戦となるNintendo World Championshipsにおいて「2015年度世界王者」の座を争うことになるとのこと。また、詳細な情報については、追って開示されることが予告されました。

なお今回、任天堂はE3 2015において開催するイベントに関する計画も発表しています。初日にあたる16日には、「Nintendo Digital Event」を開催。これは、従来会場で行っていたプレスカンファレンスの代わりとなるもので、多数の発表が行われることになる見込みの ”ライブ配信イベント” となります。

記事72.1

「Nintendo Treehouse Live @ E3」は、E3会場から任天堂の製品やサービスなどに関する情報をオンライン上でライブ配信する企画。なお、放送スケジュールに関しては、現時点では明らかにされていません。

そのほか、6月17日から20日にかけて米国中の指定されたBest Buy店頭において、2015年9月発売予定のWii U専用ソフト「マリオメーカー(Mario Maker)」を試遊することができるイベント「Nintendo Access」の開催も予定されています。

残念ながら今回のE3においては、世界中のファンが注目する次世代ゲームコンソール「NX」に関する情報は一切開示されないことが既に公式に明言されていましたが、Nintendo World Championshipsの復活は予想外でした。なお、完全な余談ですが、かつての大会で一部の成績上位者にのみ進呈されたゲームカセットは、現在では250万円以上もの値が付いているそうです。

[Nintendo via The VergeWCCFtech]

コメント投稿