Oculus Riftの推奨PCスペックは高い!Macは非対応

米Oculus VRは15日(現地時間)、同社が2016年第1四半期に出荷予定のVRヘッドセット「Oculus Rift」の推奨PCスペックを公式ブログ上で明らかにしました。なお、現時点でMacおよびLinuxは非対応となります。

記事81.1

今回、Oculus VRの開発チームによって示された、推奨PCスペックは以下の通り。

  • OS : Windows 7 SP1 ないしそれ以降のバージョン
  • CPU : Intel i5-4590 相当かそれ以上
  • GPU :NVIDIA GTX 970 / AMD Radeon R9 290 相当かそれ以上
               (※「HDMI 1.3」との互換性必須)
  • RAM : 8GB 以上
  • その他 : USB 3.0ポート × 2

全体的に高水準なスペックが要求されていますが、これはあくまでも ”Oculus Riftを利用して最上級のVR体験を得るために推奨されるスペック” であり、またVR映像というもの煩雑かつ高負荷な処理を必要とすることを考えると、まずまず妥当と言ったところでしょうか。

とはいえ、推奨スペックをめぐる過去の様々な事例を踏まえると(※PCゲーム業界などは特に)、メーカー側から公開された要求スペックも開発が進むに従って修正されるというケースもしばしば存在しており、今回公開されたこのスペックも暫定的なものとなる可能性は十分に考えられます。

既にOculus Riftの先行予約の受付が今年後半にも開始されることも予告されており(過去記事)、いよいよ製品化に向けて具体化された情報が数多く提供されるようになりました。国内での販売計画が存在しているかが非常に気になりますが、今はその可能性を信じつつ続報を待ちたいと思います。

[Oculus VR via Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿