サムスン、折り畳み可能なデュアルスクリーン端末「Project Valley」を開発中か

SamMobileは28日(現地時間)、韓国サムスンが現在、「Project Valley」と呼ばれる ”デュアルスクリーン搭載の折り畳み可能なスマートフォン” の開発に取り組んでいる可能性を指摘しています。

記事151.1

かつて公開された「折り畳み可能なAMOLEDパネル」の構造解説図

今回SamMobileが独占的に入手した情報によると、このProject Valleyは別名「Project V」とも呼ばれており、搭載される2つのディスプレイのうちどちらを利用するかは「ジェスチャー操作」により簡単に切り替えられるようになる見込みとのことです。また、Valleyという開発コードネームは、”折り畳み可能” なことに起因して命名された模様。

なお、現時点では開発のごく初期段階にあるとのことですので、ただちに製品化されるようなことにはならないようですが、既に先日には「2016年内に折り畳み可能な端末を発売する」計画の存在が、サムスンによって公式に明らかにされています(過去記事)。万事が計画通りに運べば、来年にはお目にかかることができそうです。

とはいえ、まだProject Valleyが実際に製品化されることが確定した訳ではありません。気長に続報を待ちたいと思います。

[SamMobile via Phone Arena]

コメント投稿