ペットの行動解析ウェアラブルデバイス「しらせるアム」がクラウドファンディングを開始

Japan Trendsは4日(現地時間)、ペットの行動分析を行うウェアラブルデバイス「しらせるアム」が、クラウドファンディングサイト上でキャンペーンを開始したことを伝えています。

記事44.1

接続したスマートフォンに、解析結果を自動送信

このしらせるアムは、人間ではなくペットに着用するためのウェアラブルデバイス。内蔵されたセンサーによってペットの行動状態についての情報をクラウドサーバー上に収集・蓄積し、それを「人工知能型解析サーバー」を用いて分析することで、ペットの ”今のキモチ” を飼い主に伝えることを目的に開発されました。

常にペットの状態を正確に把握することで、体調不良や熱中症などの兆候の見逃しを防いだり、ペットの行動の目的を察することが可能になり、言葉を発することが出来ない彼らの発する ”シグナル” に気付きやすくしてくれます。

記事44.2記事44.3

現在、「20種類以上」の行動解析が可能

開発は、脳科学分野において解析を専門としてきた博士研究員の協力の下、実際に毎日イヌやネコと共に過ごす中で行動データや解析データの検証が進められてきたほか、人工知能型の解析サーバーは、実際に運用すればするほど学習し、解析可能な行動分類が増えるとのこと。

なお、既に日本発のクラウドファンディングサイト「Makuake」において、7月末を期日にキャンペーンが開催中。目標出資金額は「50万円」とされており、記事執筆時点ではおよそ「17万円」を獲得することに成功しています。

今ならば「5,000円」を出資することでしらせるアムを1つ入手することが可能ですが、数量限定販売になりますので、興味のある方は早めに行動した方が良いかもしれません。

[Japan Trends via Phone Arena / Makuake]

コメント投稿