アップルの音楽ストリーミングサービス「Apple Music」、今月30日より国内でも提供開始

米アップルは8日(現地時間)、新たなストリーミング音楽配信サービス「Apple Music」と独自の音楽専門ラジオ局「Beats 1」の立ちあげを発表しました。

記事51.1

これまでにも度重なる情報のリークが行われてきたアップル独自の音楽配信サービスは、Apple Musicとしてついに正式発表されることとなりました。また、同じく既報の通り、人気DJにより運営される音楽専門のラジオ局も新たにBeats 1として、iTunes Radioを通じて近日中にも提供開始を迎えます。

Beats 1はロサンジェルス、ニューヨーク、ロンドンの3箇所を拠点に、各地域で人気を誇る有名DJたちにより統括・運営されるとのことで、Apple Musicとともに、6月30日から世界100ヶ国以上の地域で利用が可能になる予定。どちらのサービスも年中無休で利用可能となるほか、日本もサービスの提供対象に含まれていることが判明しています。

記事51.3

自分の好みに基づいた「オススメ曲」も紹介してくれる

ちなみにApple Musicの利用料金については、基本プランが「月額9.99ドル(約1,200円)」、家族6人まで利用可能になるプランを選択した場合は「月額14.99ドル(約1,900円)」となるほか、3ヶ月間の ”無料お試し期間” がもれなく提供されます。一方、Beats 1は無料で利用可能とのこと。

Apple Musicは刷新された「音楽」アプリに統合される形で実装されますが、その中では新たに「Connect」と呼ばれるサービスが提供されることも明らかにされました。このConnectは、いわば ”特定のアーティストのポータルサイト” のようなもので、アーティストごとにFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSコンテンツが一箇所にまとめて表示されることになります。

記事51.2

「Connect」上では、アーティストにメッセージを送ることも可能に

ユーザーはConnectを通じてアーティストの最新の動向を常にチェックできるほか、逆にアーティストはConnectを利用して効果的なマーケティングを行うことなども可能になるとのことです。

また今回アップルは、AndroidプラットフォームおよびApple TVに対して、両サービスの提供開始が ”今秋” 頃にも予定されていることも発表しています。既にアップルの公式Webサイト上にはApple MusicおよびBeats 1の特設ページも開設されていますので、興味のある方はこちらのアップル社のページをご参照ください。

[Phone Arena / 9to5Mac]

ソーシャルシェア

コメント投稿