アップル、「watchOS 2」発表 ―サードパーティに対して高度なアクセス権限を解放

米アップルは8日(現地時間)、最新のスマートウォッチ向けOS「watchOS 2」を正式に発表しました。

記事49.1

アップル最新のスマートウォッチ向けOSは「Watch OS」からその名を変えて、多数の改善と新要素を引っ提げて「WWDC 2015」の舞台に登場しました。

サードパーティにより高度なアクセス権限を解放

記事49.2

これまでのサードパーティ製の「Apple Watch」向けアプリは、どれもiPhone上で動作させる必要がありましたが、watchOS 2においてより高度な権限まで解放されたことにより、アップルのみの特権であった「ネイティブアプリ」の開発が誰でも可能になりました。

好みの画像を自由に「ウォッチフェイス」に設定可能に

記事49.3

新たに、好きな画像をウォッチフェイスとして設定することが可能になったほか、画像の代わりにアルバムを指定することで、手首を軽く振る度にアルバム内の画像が代わる代わる表示されることになりました。

そのほか、美しい都市の様子をタイムラプス表示するウォッチフェイスも新たに実装。現時点では5つのバリエーションが用意されているとのこと。

ウォッチフェイスのカスタマイズ性を向上

記事49.4

watchOS 2は、ウォッチフェイス内にサードパーティ製のアプリを導入することを可能にしています。これにより、例えば飛行機の運行状況や交通状況、電気自動車のバッテリー残量や指定した試合の現在のスコアなど、多様な情報を表示させることが可能となりました。

未来の予定と予測情報を表示する機能を実装

記事49.5

Digital Crown(デジタルクラウン)を回すことで、”現在表示されている情報(状況)が、未来の特定のタイミングではどのように変化しているか” が表示されるようになりました。これにより例えば、指定した時点での車のバッテリー残量や天候状況の変化などの予測情報を確認することが可能となります。

また、カレンダーなどに入力済みの未来の予定も表示されるとのこと。

「ナイトスタンドモード」(Nightstand Mode)の実装

記事49.6

watchOS 2を実装したApple Watchを充電する際に、ナイトスタンドモードへと自動的に移行するよう設定可能になりました。そのモードにおいては、ウォッチフェイスが時刻表示に最適化されたウォッチフェイスへと変更され、”常時画面ON状態” に切り替わります

また、端末の物理ボタンは、アラームの「スヌーズ」と「停止」を操作するためのインターフェースと化すため、目覚まし時計代わりに使用することも可能になる模様です。

「12人」以上の友達を登録可能に

記事49.7

watchOS 2では、これまで制限されてきた友達登録機能を強化し、新たな「グループ」を追加することで12人以上の友達情報を登録することを可能にしています。

「Digital Touch」が複数の色を同時に使用可能に

記事49.8

画面に描いたスケッチを、他人と簡単にシェア可能にするDigital Touch(デジタルタッチ)機能も強化。これまで1つのスケッチ上では利用可能なのは最初に選択した色のみでしたが、新たに複数の異なる色を用いて描画することが可能になりました。

Apple Watch上から直接メールに返信することが可能に

記事49.9

watchOS 2においては、受信したメールに直接返信することが可能になりました。返信するにあたっては、予め設定しておいた「返信用の短文」、絵文字、音声入力からいずれかの方法を選択することになります。

サードパーティ製のフィットネス関連アプリをOSレベルでサポート

記事49.10

サードパーティに対してネイティブアプリの開発を解放したということは、新たにサードパーティ製のフィットネスアプリも、Apple Watch上で直接動作させることが可能になったことを意味します。

これにより、「Health」アプリ上でそれらのアプリを利用して計測したデータを一元的に表示させることが可能になり、これまで以上にスムースなデータ管理を実現するとのことです。

より高度な操作を可能にする「Siri」の実装

記事49.11

強化されたSiriを頼ることで、ユーザーは公共交通機関のナビゲーションを受けたり、ワークアウト(運動)とその計測の開始を指示することも可能になりました。

また、各アプリ毎に設定されている ”ぱっと見るだけで情報を確認できる機能” となる「Glance」も、新たに音声操作の対象に。

「Apple Pay」機能のアップデート

記事49.12

「iOS 9」で導入された機能をそのまま実装。「Wallet」アプリも導入されるとのことです。

「マップ」アプリも強化

記事49.13

これもまたiOS 9と同様に、watchOS 2も「公共交通機関」情報の表示機能をサポート。交通状況を踏まえたルート案内が一目で把握できるように改善も施されています。

最新SDK(ソフトウェア開発キット)となる「WatchKit」の提供を開始

記事49.14

WatchKitは、マイク、スピーカー、加速度計、Taptic Engine、Digital Crownおよび短時間の映像再生機能や「HealthKit」の収集したデータにアクセスする権限を開発者に解放するため、これまで以上に高機能なアプリを開発することが可能になります。

「HomeKit」のコントローラとしても利用可能に

記事49.15

アップルによって発表されたばかりの ”iOSと家電とを繋ぐための新たなフレームワーク” 「HomeKit」。その環境下では、Apple Watchをコントローラーのように使用して各種「スマート家電」の操作を行うことが可能になるとのことです。

なお、「開発者向けエディション」の提供は本日から開始され、実際の製品版の提供はiOS 9と同じく今年の秋頃となる見通しです。

[9to5Mac / Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿