AppleCare+、無償バッテリー交換サービスの適用条件を緩和へ

MacRumorsは26日(現地時間)、米アップルの提供する製品保証サービス「AppleCare+」における、”無償バッテリー交換” に関する規定が改定されたことを伝えています。

記事170.1

AppleCare+とは、製品毎に定められた金額を支払うことで、通常よりも手厚い補償をより長い期間ユーザーに対して保証するサービスであり、iPhone、iPad、iPodに加え、Apple Watchの全モデルが加入可能となります。MacRumorsによると、今回そのサービス内に含まれる「バッテリー交換」に関する規定の変更が確認されたとのこと。

従来は、本来のバッテリー性能(容量)の「50%」を下回った場合に初めて無償交換の対象となっていましたが、変更後は「80%」を下回った時点で交換の対象とみなされるようになりました。なお、AppleCare+の保証期間は原則的に「2年間」(Apple Watch Editionは3年間)に設定されていますが、「基本的には保証期間内にバッテリー交換が必要になることにはならないはず」とアップルは主張。

アップル製品のバッテリーが本来の性能の80%を下回るまでには、およそ「1,000回」程度の完全充放電が必要であり、1日に1回のペースで充放電を行ったとしてもおよそ「2年半から3年」程度の時間が必要となるため、その間にユーザーの大多数はAppleCare+の保証期間を終えることになる、という理屈のようです。

ただし、今回の変更が適用されることになるのは、2015年4月10日以降に購入されたiPhone、iPad、iPad、Apple Watch全モデルのみとなる模様。残念ながら既存のユーザー向けというよりも、あるいは新規ユーザー獲得の為の変更なのかもしれません。

[MacRumors via PCWorld]

ソーシャルシェア

コメント投稿