BlackBerry製の「スライド式」Android端末のスペックがリークされる

N4BBは17日(現地時間)、”BlackBerry製のAndroidスマートフォン” として登場が噂されている端末(過去記事)のスペック情報が、新たにリークされたことを伝えています。

記事113.1

「Galaxy S6 edge」のデュアルエッジスクリーンによく似たデザインのディスプレイに加えて、スライド式のQWERTYキーボードを搭載していることが特徴的なこの未発表端末ですが、今回新たに判明したスペックは以下のようになります

ディスプレイ 5.4インチ WQHD(2560×1440)
SoC Qualcomm 64-bit ヘキサコア Snapdragon 808
RAM 3GB
メインカメラ 1,800万画素
フロントカメラ 500万画素

SoCが「Snapdragon 808」である点を除いては、他社製のフラッグシップモデルに見劣りしないものとなっています。あるいはこれも、韓国LGと同様に、発熱によるパフォーマンス低下が指摘されている「Snapdragon 810」を避けた結果かもしれません。

記事113.2

また、これまでの情報を統合するに、この新型端末の開発コードネームは「Venice」となり、「Android OS」と「BlackBerry OS」とをそれぞれ搭載した2つのバリエーションモデルが用意されている可能性がある模様。

なお、N4BBによると、このVeniceは11月中に正式発表される見込みとのことです。

[N4BB via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿