Zol.com.cnは9日(現地時間)、「Galaxy Note 5」のスペックに関する情報が、新たにリークされたことを伝えています。

記事69.1

画像は「Galaxy Note 4」のもの

情報によると、Galaxy Note 5には「USB 3.1 Type-C」ポートの実装に加え、「Galaxy S6」シリーズにて初めて採用された「UFS 2.0」準拠の高性能フラッシュメモリがストレージに採用される見込みとのことです。

また今回、サムスンの元従業員から入手した情報として、WQHD(2560×1440)解像度の「5.9インチ Super AMOLEDディスプレイ」と、「Exynos 7420」をベースにした ”強化版SoC”(Exynos 7422?)が搭載される可能性を指摘。さらには、「4,100mAh」の大容量バッテリーを搭載しつつも、端末の厚みが「7.9mm」にまで薄型化される見込みと伝えています。

なお、以前の情報では「5.89インチ」ないし「5.78インチ」の4K(3840×2160)解像度の有機ELパネルが採用される可能性も指摘されていましたが(過去記事)、今回の情報では4Kパネルの搭載は見送られる見込みとされました。

記事69.2

以前サムスンによって公開されたモバイル向けディスプレイのロードマップ

以前には、”早ければ7月末” とも伝えられていた発表時期についても、先日のサムスン幹部からの発言の影響もあり(過去記事)、”9月中に「Samsung Pay」とともに登場する” との見方が有力視されています。

何にせよ、今回の情報がすべて事実だとするならば、Galaxy Note 5は非常に高性能なデバイスとなりそうです。発表が強く期待される「IFA 2015」は、現地時間で9月4日より独ベルリンにて開催を迎えます。

[Zol.com.cn via Phone Arena]