「Galaxy S6 Note」では、メモリリーク問題が解決されるとの噂

SamMobileは15日(現地時間)、第3四半期中の発表が噂される「Galaxy S6 edge Plus」においては、RAW撮影機能が実装され、既存のメモリリーク問題の解決が図られている可能性があると伝えています.

記事98.1

一部の「Galaxy S6」および「Galaxy S6 edge」では、利用可能なRAM領域が徐々に圧迫されていく現象、いわゆる「メモリリーク」が発生することは既に報告されており、ソフトウェアアップデートによる解決が待ち望まれています。

今回、SamMobileが独自の情報筋から入手した情報によると、「Galaxy S6 Note」(Galaxy S6 Plus)として登場するとされるサムスンの次期フラッグシップ級ファブレット(過去記事)においては、その問題の解決が図られているほか、新たにRAW形式でのカメラ撮影への対応を果たす見込みとのことです。

数日前にはGalaxy S6シリーズに対する「Android 5.1.1 Lollipop」のアップデート提供も開始されていますが、今回伝えられる情報が事実だとするならば、どうやらそのアップデートではメモリリーク問題には対処されておらず、問題解決は少なくともGalaxy S6 Noteの登場以降のこととなるようです。

ただ、これらの情報は現時点ではあくまで ”噂” に過ぎません。サムスンのいち早い対応に期待したいところです。

[SamMobile via Phone Arena]

コメント投稿