ブラウザ版Gmail、メールの「送信取り消し機能」を正式実装

VentureBeatは23日(現地時間)、Webブラウザ版のGmailにおいて、新たに「送信取り消し機能」が実装されたことを伝えています。

記事145.1

何かの間違いで誤送信してしまったメールを取り消す機能は、長年にわたって世界中のユーザーから実装が熱望されてましたが、ついに今回、Webブラウザ版のGmailに実装されることとなりました。

ただし、この機能を利用するには、手動で設定を変更する必要があります。取り消し機能を有効化しておくことで、メールを送信した際に「取消」と「メッセージを表示」という2つの選択肢がポップアップ表示されるようになり、前者を選べば送信のキャンセルを、後者を選べば送信したメールの本文の確認を行うことが可能となります。

なお、一口に ”送信を取り消す” と言っても、送信が完了してしまったメールを相手の受信ボックス内から回収・消去する訳ではありません。「送信」ボタンをクリックした後に、”設定された時間が経過するまでメールの送信を実行しない” ように変更可能になっただけに過ぎず、一定時間が経過した後は、通常通りの送信プロセスが実行されることになります。ちなみに、”送信保留時間” は「5秒~30秒」の間で任意に変更可能。

メールにまつわるトラブル話は枚挙に暇がありませんが、少なくともWebブラウザ版のGmailを利用する場合においては、トラブルを未然に防げる可能性がぐっと高まることとなりそうです。

[VentureBeat via Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿