Google、医療グレードの「ヘルスケア専用スマートバンド」を開発中

Bloombergは23日(現地時間)、米Googleが現在、「ヘルスケア」関連の機能に特化したリストバンド型のウェアラブルデバイスの開発に取り組んでいることを明らかにしたと伝えています。

記事151.1

Google Xの生命科学チームのトップを務めるアンドリュー・コンラッド博士

Googleにおける先端技術の研究開発部門「Google X」内で生命科学チームを率いるアンドリュー・コンラッド博士によると、Googleは現在、非常に精確な身体情報の測定・収集を可能にする ”医療用グレード” のウェアラブルデバイスの開発に取り組んでいるとのこと。

博士によると、このデバイスは脈拍数、心拍数、体表温度などの身体情報に加え、紫外線強度や騒音値といった周囲の環境情報までを1分刻みで精密計測することを可能にし、主に臨床試験における精密なデータ測定や内科患者の日常生活における健康管理といった用途を見据えているとしています。

また、コンラッド氏によると、バンドの測定精度を向上させるために研究者や製薬会社の協力を仰いでおり、最終的には米国および欧州における規制機関の認可の獲得を目指しているとのことです。

なお、一般消費者に対する販売は計画されておらず、医療従事者や研究者、あるいはこのデバイスの装用を ”処方” された患者向けのデバイスとなるようです。

[Bloomberg via The Verge]

コメント投稿