「Lumia 1020」の後継モデルの存在を示唆する画像がリークされる

Phone Arenaは15日(現地時間)、「Lumia 1020」の後継モデルの開発が現在進められている可能性を示唆する画像が、新たにリークされたことを伝えています。

「4,100万画素」という超高解像度の大型イメージセンサーと 「Pureview」という独自の画素合成技術を実装し、カメラ性能に特化した端末としてかつて多くのユーザーを魅了したLumia 1020ですが、今なおその後継モデルの登場が根強く望まれています。

今回、その待望の後継機の存在を示唆する画像が、数々のリーク情報を扱うことで知られるエヴァン・ブラス氏によってリークされることとなりました。

ブラス氏がTwitterに投稿した画像には、Lumia 1020に搭載されるものとよく似たデザインの大型カメラモジュールが確認でき、「Don’t give up hope, Windows fans.(Windowsファンの皆、希望を捨てないで)」という一文が添えられています。

記事94.1

「Lumia 1020」のカメラモジュールとの比較画像

早ければ9月下旬にも「Windows 10 Mobile」が正式リリースを迎えると見られており(過去記事)、もしかするとそれに合わせて ”サプライズ発表” されることになるかもしれません。

今回はあくまでも漠然とした可能性が示されただけに過ぎませんが、Lumia 1020ユーザーやファンにとってはまさに朗報となりました。一縷の望みに縋りつつ、続報に期待です。

[Twitter via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿