マイクロソフトの次世代フラッグシップモデル「Cityman」のスペックが判明?

Windows Centralは26日(現地時間)、米マイクロソフトの次期フラッグシップモデル「Cityman」のスペックに関する情報が、新たにリークされたことを伝えています。

記事172.2

先日リークされた「Lumia 940」(Talkman)のものとされる画像

Windows Centralによると、現在「RM-1104」および「RM-1105」「RM-1100」というモデルナンバーの与えられたマイクロソフト製の端末がテスト中であることが、新たにAdDuplex(Windows PhoneやWindows 8.xのアプリやゲームをターゲットにしたプロモーション企業)によって指摘されたとのこと。

RM-1104およびRM-1105は「5.2インチ フルHD(1920×1080)」ディスプレイが搭載される一方で、RM-1100にはインチ数不詳の「WQHD(2560×1440)」ディスプレイが採用され、マイクロソフトの次世代フラッグシップモデルと噂される「Cityman」として開発されている模様。

また、過去にはCitymanに加え、「Talkman」のスペック情報もリークされていますが(過去記事[1][2])、今回Windows Centralが独自の情報網によって得たという情報によると、Citymanの方に関して ”正確な情報” であることの裏付けが取れたとのことです。

以下は、かつてリークされたCitymanのスペック情報。

ディスプレイ 5.7インチ WQHD(2560×1440)ディスプレイ
SoC Qualcomm オクタコアSoC(※型番不詳)
RAM 3GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 2,000万画素センサー
フロントカメラ 500万画素センサー
バッテリー 3,300mAh
その他 USB Type-Cポート 搭載

なお、Citymanのメインカメラには「トリプルLEDフラッシュ」が搭載され、Talkmanとともに10月ないし11月中にも正式発表される見込みとされています。

[Windows Central via Neowin]

コメント投稿