Nokia製スマートウォッチ「Moonraker」の新たな画像が発見される

The Vergeは12日(現地時間)、Nokia製スマートウォッチ「Moonraker」のものとされる画像が、新たに発見されたことを報じています。

記事80.1

今回、Tumblr上において、米マイクロソフトのデザイナーであるペイ・チ・シェイ氏によって公開されるMoonrakerの画像が発見されました。

この画像を最初に発見したのは、かつて「@evleaks」のハンドルネームでTwitter上での積極的なリーク報告を行っていたエヴァン・ブラス氏ですが、既にシェイ氏のアカウントは削除されており、直接確認することはできません。

THE VERGEによると、マイクロソフトによるNokia買収の際にMoonrakerの開発はキャンセルされてしまったものの、昨年開催された「MWC 2014」では、一部の関係者に対して秘密裏に試作機が公開されていたとのことです。

記事80.2

「Windows Phone」のようなUIデザインとNokiaらしいビビッドな色遣いが印象的に映えるMoonraker

また、シェイ氏による今回の「画像流出」については、”Moonrakerのマーケティング” を目的に公開された可能性も指摘されています。

記事80.3

実際にこのMoonrakerが製品化されるかは現時点では不明ですが、「Windows 10」の販売開始以降に「Microsoft Band」の後継モデルとして登場する可能性も考えられます。

一度はキャンセルされたとされるMoonrakerですが、どのような形であれ復活を果たし、我々の前にその姿を現してくれることを願うばかりです。

[The Verge / Twitter]

コメント投稿