ソニー、PlayStation 4に専用のメディアプレイヤー機能を実装

ソニーは15日(現地時間)、新たに「PlayStation 4」に、専用メディアプレイヤーの提供を開始したことを正式に発表しました。

記事104.2

Playstation 4に最適化されたメディアプレイヤー機能は、発売以来、根強く実装が望まれ続けてきた機能の一つですが、このたびついに正式実装を迎えることとなりました。既に海外のPlayStation Storeではダウンロードが可能になっていますが、記事執筆時点では、日本のPlayStation Store上に新型メディアプレイヤーの姿は見当たりません。

記事104.1

以下は、対応するファイル形式の一覧。

ビデオ

MKV

  • 映像:H.264/MPEG-4 AVC High Profile Level4.2
  • 音声:MP3、AAC LC、AC-3(Dolby Digital)

AVI

  • 映像: MPEG4 ASP, H.264/MPEG-4 AVC High Profile Level4.2
  • 音声:MP3、AAC LC、AC-3(Dolby Digital)

MP4

  • 映像:H.264/MPEG-4 AVC High Profile Level4.2
  • 音声:AAC LC、AC-3(Dolby Digital)

MPEG-2 TS

  • 映像:H.264/MPEG-4 AVC High Profile Level4.2、MPEG2 Visual
  • 音声:MP2(MPEG2 Audio Layer 2)、AAC LC、AC-3(Dolby Digital)
  • AVCHD:(.m2ts, .mts)

写真

  • JPEG(based on DCF 2.0/Exif 2.21)
  • BMP
  • PNG

音楽

  • MP3
  • AAC (M4A)

なお、メディアプレイヤー上でコンテンツを再生する場合は、「USBメモリ」を利用して直接PlayStation 4にデータを読み込ませるか、ホームサーバーと接続してストリーミング再生するかのどちらかになります。また、ホームサーバーとの接続は、非常に簡単な操作でほぼ自動的に接続可能とのことです。

[PlayStation.Blog via Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿