サムスン、「Galaxy S6 active」を正式発表

韓国サムスンは8日(現地時間)、「Galaxy S6 active」を正式に発表しました。この端末は、米AT&Tに対する独占供給モデルとして提供されます。

記事57.1

今年3月に発表された「Galaxy S6」をベースに、新たに「IP68」相当の防塵防水機能に加え、高い耐衝撃性能を実現する構造を採用した端末が、このGalaxy S6 activeになります。

以下は、主なスペック。

OS Android 5.0.2 Lollipop
ディスプレイ 5.1インチ WQHD(2560×1440)AMOLEDディスプレイ
SoC Samsung 2.0GHz駆動 64-bit オクタコア Exynos 7420
RAM 非公開
ストレージ 32GB
メインカメラ 1,600万画素(AF / 4Kビデオ撮影 対応)
フロントカメラ 500万画素
バッテリー 3,500mAh
ワイヤレス Bluetooth 4.1
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
その他 防塵防水機能(IP68 相当)
ワイヤレス充電機能
カラーバリエーション ブルーカモ / ホワイトカモ / グレイ

先日の情報では(過去記事)、バッテリー容量は「2,550mAh」になる可能性が濃厚とされていましたが、いざ蓋を開けてみれば、以前の噂通り「3,500mAh」のものが採用されることとなりました。

またRAMの容量についての記述は確認されませんでしたが、おそらくGalayx S6と同じ「3GB」であるものと推測されます。

[PR Newswirevia Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿