サムスン、業界初となる「透過型」と「鏡面型」の有機ELディスプレイを発表

韓国サムスンは9日(現地時間)、”業界初” となる「透過型」および「鏡面型」の55インチ有機ELディスプレイを正式に発表しました。

記事63.1

現在香港で開催中の「Retail Asia Expo 2015」において、サムスンは2種類の新型55インチ有機ELディスプレイを発表。一方は、”背景が透けて見える” いわゆる透過型のディスプレイとなり、もう一方は ”鏡としても機能する” 鏡面型のディスプレイとなります。なお、双方ともに、パネル解像度は「フルHD(1920×1080)」とのこと。

透過型の方は主に電子看板などに代表される広告分野への採用が見込まれる一方で、鏡面型の方については、米Intelの提供する3D技術「RealSense Technology」と組み合わせることで、リアルなバーチャル試着サービスなどへの利用が提案されています。

記事63.2

サムスンは、いずれのディスプレイも、既存の透過型および鏡面型の「液晶ディスプレイ」と比較してあらゆる性能面で優れていることを強調。製品への自信の高さを覗かせています。

[Press Release via The Verge]

コメント投稿