「Windows Update」を巡るサムスンとマイクロソフトの衝突、早くも解決へ

VentureBeatは26日(現地時間)、ここ数日取り沙汰されてきた韓国サムスンと米マイクロソフトとの間に生じた ”小さな衝突” が、数日以内にも解決される見通しと伝えています。

今回の両者の衝突は、先日サムスン製のPCにおいて、マイクロソフトから提供されるソフトウェアアップデートシステム「Windows Update」の自動更新が突如として無効化されたことに端を発します。

マイクロソフトはセキュリティの観点からサムスンの措置を非難し、即刻元のシステムに戻すことを要求。しかしサムスンはこれに対し、「Windows Updateを完全に無効化した訳ではなく、アップデートを実行するタイミングをユーザーの裁量に委ねることが目的だった」と釈明、また自動アップデートに起因する ”ドライバ関連の不具合” を防止する意図もあったと主張していました。

確かにドライバ関連の不具合は厄介ですが、Windows Updateにはセキュリティバグの修正などの重大なアップデートも含まれており、”実際に問題が起きた時の危険度” という観点で両者を天秤にかけると、やはり後者の重要性の方に傾くようにも思われます。

この衝突は長期化するかとも思われましたが、今回VentureBeatが伝えるところによると、新たにサムスンから「数日中にも、マイクロソフトによって推奨される自動アップデートシステムを再び有効化する」ことが発表されたとのことで、早くもこの騒動は解決されることとなるようです。

[VentureBeat via The Verge]

ソーシャルシェア

コメント投稿