「Snapdragon 820」のベンチマークスコアが発見される

MyDriversは28日(現地時間)、米Qualcommの次世代フラッグシップSoC「Snapdragon 820」のベンチマークスコアが、新たに発見されたことを伝えています。

記事175.1

数日前には、一部パートナーに対するサンプル出荷が開始されたと報じられていたSnapdragon 820ですが(過去記事)、今回Geekbenchのデータベース上にベンチマークスコアを含む詳細な情報が確認されました。

発見されたデータによると、Snapdragon 820のモデルナンバーは「MSM8996」となり、製造には韓国サムスンの「14nm FinFETプロセス」が使用されるとのこと。また、ベンチマークのスコアはシングルコア性能が「1,732」、マルチコア性能が「4,970」とされており、特にシングルコア性能に関して言えば、現在最高の性能を誇るSoC「Exynos 7420」すらも大きく引き離すスコアを記録しています。

しかし一方で、マルチコア性能に関して言えばExynos 7420よりも低い値となっており、この辺りは単なる調整不足かあるいはSnapdragon 820の搭載コア数などにも関係しているのかもしれません。

記事175.2

Exynos 7420のスコア。シングルコア「1,486」、マルチコア「5,284」

いずれの場合にせよ、少なくともシングルコア性能に関して言えば現時点で最高峰に君臨し、また米NVIDIAの独自開発CPUコア「Denver」にすら肉薄する性能を発揮することになるようです。

[MyDrivers (翻訳)via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿