ソニーは4日(現地時間)、同社製スマートフォン製品のおける、「Android 5.1 Lollipop」へのアップデート提供の対象となる機種を発表しました。

記事30.1

ソニーと言えば、ここ数カ月の間に多くの自社製端末へ「Android 5.0 Lollipop」のアップデートを実施してきていましたが、Android 5.1についても同様の迅速対応が期待できるようです。

以下は、今回明らかにされたAndroid 5.1へのアップデート提供の対象となる端末。

  • Xperia Z シリーズ
  • Xperia Z1 シリーズ
  • Xperia Z2 シリーズ(※タブレットも含む)
  • Xperia Z3 シリーズ(※同上)
  • Xperia ZL
  • Xperia ZR
  • Xperia Tablet Z
  • Xperia T2 Ultra
  • Xperia C3
  • Xperia M2
  • Xperia M2 Aqua

なお、7月以降にOTA方式によるアップデート提供が順次開始される予定とのことです。なお、国内では昨日、NTTドコモならびにKDDIより「Xperia Z2」および「Xperia Z3」シリーズに対するAndroid 5.0のアップデート提供の開始が正式に予告されています。

ここ最近のソニーの様子を見る限りでは、いずれ「Android M」が正式デビューを迎えた暁には、いち早いアップデート提供が実施されることに期待しても良さそうです。

[Sony via Phone Arena]