ソニー、Xperiaシリーズ17機種に対して「Android M」開発者プレビュー版を提供

ソニーは22日(現地時間)、計17モデルに上る「Xperia」シリーズの端末に対して、新たに「Android M」の開発者プレビュー版の提供を開始したことを発表しました。

先月末頃に発表され、開発者向けプレビュー版の提供がスタートしたばかりの「Android M」ですが、これまでに提供の対象とされていたのはわずか4機種のNexusデバイスのみとされていました(過去記事)。

しかし今回、ソニーは計17機種のXperiaに対してAndroid Mの開発者プレビュー版の提供を開始。以下のリストに掲載されている機種を利用するユーザーは、公式Webページ上で配布されているバイナリ群をインストールすることで、このプレビュー版を利用することが可能になります。

  • Xperia Z3
  • Xperia Z3 Compact
  • Xperia Z3 Tablet Compact
  • Xperia Z2
  • Xperia Z2 Tablet
  • Xperia Z1
  • Xperia Z1 Compact
  • Xperia Z Ultra
  • Xperia Z
  • Xperia ZL
  • Xperia Tablet Z
  • Xperia E3
  • Xperia M2
  • Xperia T2 Ultra
  • Xperia T3
  • Xperia L
  • Xperia S

意外にも、「Xperia Z4」および「Xperia Z3+」は対象外となる模様です。なお、この開発者プレビュー版を利用するには端末のブートローダーが解除されている必要があるほか、あくまでもプレビュー版であるためモデムやカメラ関連の機能は有効化されておらず、日常的に利用する端末へのインストールは推奨されていません

ここ最近のソニーの開発フォロー体制には素直に関心させられます。それを踏まえると、今年の秋頃にAndroid Mの正式版がリリースされた際の対応にも期待して良さそうです。

[Sony via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿