Windows 10搭載の大画面端末「Surface Hub」、7月1日より受注開始

米マイクロソフトは10日(現地時間)、エンタープライズ分野向けの「Windows 10」搭載型大画面端末「Surface Hub」の受注を、7月1日より日本を含む世界24ヶ国にて開始すると発表しました。

記事67.1

会議室などの壁に設置し、遠隔地とのスムースなビデオ会議や共同作業のサポートを行うシステムとして今年1月の「CES 2015」で発表されたSurface Hubですが、実際の製品の登場までもう間もなくといったところでしょうか。

ディスプレイサイズの異なる2つのモデルが用意され、どちらも共通してOSにWindows 10を採用しているほか、「100点同時タッチ」と「3本までの同時ペン入力」に対応しています。また、搭載された4基構成のマイクロホンアレイの力によって、会議参加者の音声と環境音とを判別し、よりノイズの少ない高品質な通話を実現するとのこと。

記事67.2

そのほか、フルHD(1920×1080)ビデオ撮影に対応した2基のカメラや、Wi-Fi通信、Bluetooth通信およびNFC通信機能も搭載。Suface Hubに最適化された専用ソフトウェアも用意され、多様なビジネスシーンでの活躍が謳われます。

以下は、主なスペック。

55インチモデル 84インチモデル
OS Windows 10 Windows 10
パネル解像度 フルHD(1920×1080) 4K(3840×2160)
CPU 第4世代 Core i5(Broadwell) 第4世代 Core i7(Broadwell)
GPU Intel HD 4600 NVIDIA Quadro K2200
RAM 8GB 8GB
ストレージ 128GB SSD 128GB SSD
カメラ フルHD(1920×1080)× 2 フルHD(1920×1080)× 2
ワイヤレス Bluetooth 4.0 LE
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
Miracast 対応
Bluetooth 4.0 LE
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
Miracast 対応
センサー 受動型 赤外線式検知センサー
環境光センサー
受動型 赤外線式検知センサー
環境光センサー
その他 100点マルチタッチ 対応
同時ペン入力 対応(最大3本)
4基構成マイクロホンアレイ
100点マルチタッチ 対応
同時ペン入力 対応(最大3本)
4基構成マイクロホンアレイ

なお、米国時間で7月1日より、日本を含む世界24ヶ国において受注が開始され、9月中の出荷開始が予定されていることも明らかにされました。市場想定価格は、それぞれ55インチモデルが「6,999ドル」(約87万円)、84インチモデルは「19,999ドル」(約247万円)になる見通しです。

[Blogging Windows via エルミタージュ秋葉原 / Surface Blog / Surface Hub]

ソーシャルシェア

コメント投稿