アップルの電気自動車は「BMW i3」をベースに開発か

Manager Magazinは23日(現地時間)、アップルが、独BMW製の電気自動車(EV)である「i3」を自社製EVのベースモデルに採用するべく、BMWとの間で交渉を行っている模様と伝えています。

記事186.1

画像は「BMW i3」

今回Manager Magazinが伝えるところによると、既に先日アップルのCEOティム・クック氏を筆頭とした幹部団がBMW i3の生産ラインがあるドイツのライプツィヒを訪れ、そこで会合が行われたとのこと。その際に、アップルはi3に採用されているカーボンファイバー製のボディに興味を示したとも指摘されています。

これまでにも、アップルが本格的にEVおよび自動運転技術の分野に参入を計画しているとの情報(過去記事[1][2])や、開発チームの形成が本格的に進められているなどと伝えられていますが、自動車製造に関するノウハウを所有していないアップルがパートナーシップを結ぶ相手としてBMWは適当であるように思われます。

とはいえ、この交渉は既に昨年の秋頃から開始されていたものの、現時点に至っても未だ合意に至っていない模様。今後の交渉の展開次第では、アップルの電気自動車プロジェクトは一旦 ”白紙” に戻されることになるかもしれません。

[Manager Magazin via 9to5Mac]

ソーシャルシェア

コメント投稿