Apple Pay、本日より英国にて正式サービスイン

9to5Macは13日(現地時間)、米アップル独自のモバイル決済サービス「Apple Pay」が、本日(英国時間14日)より英国内において正式にサービスインしたことを伝えています。

記事96.1

既に、先日には9to5Macによって7月14日よりApple Payの運用が英国内にて開始される可能性が指摘されていましたが(過去記事)、どうやらその情報は正確なものだったようです。

なお、サービスインの時点では、英国市場における最大手スーパーマーケットWaitorseを筆頭とする「25万」以上の店舗においてApple Payが利用可能となるほか、American ExpressやFirst Directなど計8つの銀行がこの新サービスのプラットフォームに参加する模様。対応店舗数については、今後時間の経過とともに増加していくことになるものと思われます。

既に英国内でも「Passbook」の機能が有効化されたことを伝えるメイヨー氏

また、9to5Macによると、現時点では一度に決済可能な金額は「20英ポンド(約3,800円)」までという制限がかけられるものの、9月下旬に実施されるアップデートにより「30英ポンド(約5,700円)」にまで緩和されることになるとのことですが、その後もさらに上限が引き上げられるかについては言及されていません。

いよいよ、米国市場の外へと進出を果たすこととなるApple Pay。今年11月頃にはカナダ市場でもサービスインする可能性が指摘されており(過去記事)、着実にその勢力圏を広めつつあるようです。しかし、しばらくは欧米市場を中心に展開されることになりそうですので、日本を含むアジア市場にもたらされるのはまだしばらく先のこととなりそうです。

[Apple 9to5Mac]

ソーシャルシェア

コメント投稿