「iPhone 6c」、金属製ボディを採用し2016年上半期中にも登場か

Barron’s Asiaは30日(現地時間)、米アップルによって、2016年上半期中にも「iPhone 6c」が発表される見込みと伝えています。

記事9.1

画像は「iPhone 5c」のもの

大手証券会社Jefferiesに属するアナリストであるアンジェ・ウー氏によると、iPhone 6cは、プラスチック製の筐体を採用していた「iPhone 5c」とは異なり、新たにユニボディ構造の金属製ボディが採用されるほか、主に台湾Foxconnによって製造されるとのこと。

また、ウー氏は、iPhone 6cがiPhone 5cの ”extended version(拡張版)” として登場する可能性が高いことを指摘していますが、iPhone 6cのデザインや詳細なスペックなどの具体的な情報については言及されませんでした。

そのほか、先日には「iPhone 7c」向けの「4.0インチ」ディスプレイが、台湾AUOによって2016年第1四半期にも供給が開始されるとの情報も伝えられていましたが(過去記事)、今回の情報が事実だとするならば、iPhone 6cの製造時期とも合致するように思われます。はたして本当にiPhone 5cの後継モデルは発売が計画されているのか。続報に期待です。

[Barron’s Asia via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿