「iPhone 6s」シリーズの大量生産が開始された模様

DigiTimesは3日(現地時間)、9月の正式発表が予測される「iPhone 6s」シリーズの大量生産が開始された模様であると伝えています。

記事6.4

先日リークされた「iPhone 6s」のものとされるボディの画像

DigiTimesがサプライチェーン筋から入手した情報によると、iPhoneシリーズの製造において中核的な役割を担う台湾Foxconnおよび台湾Pegatronの2社に対して、既にiPhone 6sシリーズの製造に必要となる各種パーツ類の供給が開始されているとのこと。

過去には、iPhone 6sシリーズが8月中にも発表される可能性も指摘されていましたが(過去記事[1][2])、この時期に大量生産が開始されたとするならば、流石に8月中に登場する可能性は低いと言わざるを得ません。一方で、先日には9月8日に正式発表され同月25日に発売されるという情報も伝えられています(過去記事)。

連日のように情報が伝えられてくる次世代iPhoneですが、パーツの流通が本格化することに伴い、リークの頻度もさらに高まることになりそうです。

[DigiTimes via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿