LG、インセル方式のタッチ技術を搭載したノートPC向けディスプレイを発表

韓国LGは6日(現地時間)、同社最新のタッチパネル技術「Advanced In-Cell Touch(AIT)」を採用したノートPC向けディスプレイを発表しました。

記事45.1

このディスプレイは、LCDパネル層に「タッチ感知」機能を統合した、いわゆる「インセル方式」のタッチパネル技術であり、既に同社最新のフラッグシップ級スマートフォン「LG G4」に搭載されています。

パネルサイズは「14インチ」と「15.6インチ」の2モデルを用意。特に15.6インチモデルでは、従来製品に比べて25%の薄型化と35%の軽量化を達成しているほか、両モデル共通でパネル解像度はフルHD(1920×1080)になるとのことです。

なお、今回、このパネルを搭載したPC製品が2015年下半期中にも登場することも発表されましたが、具体的な日程に関する情報は開示されませんでした。また、現時点のAIT技術はスタイラスペンによる入力方式には対応していないものの、サポートに向けて開発が進行中であることも明らかになりました。

そのほか、この新型パネルが ”いくつかの世界的なPCブランド” に対して供給されることが決定している模様。さらに今回、LGは前述のサイズ以外のディスプレイ生産に対しても積極的な姿勢を示しており、将来的にはより多くのメーカーに対してより多彩なラインナップのAIT搭載パネルが提供されることになる見通しです。

[PCWorld]

ソーシャルシェア

コメント投稿