LG製の次世代Nexus、LG G4ベースではない「完全新設計」端末に?

AndroidPITは3日(現地時間)、韓国LGが製造を担当すると伝えられている次世代「Nexus」スマートフォンは、完全新設計の端末になる見込みと伝えています。

記事34.1

これまで、LG製のNexusデバイスは「LG G4」をベースにした端末として開発されているとの見方が有力視されていましたが、この次世代Nexusでは、Googleの協力の下にゼロベースで開発が進められているのこと。また、AndroidPITでは、この端末が暫定的に「Nexus 5(2015)」と呼称されている一方で、最終的には異なる名称で発表される可能性があるとも伝えています。

なお、先日の情報では、LG製Nexusデバイスのコードネームは「Bullhead」となり、デュアルカメラと「Android M」を実装して10月頃に発表されるほか、Snapdragon 808と2,700mAhのバッテリーが搭載される見込みです(過去記事[1][2])。

記事34.2

2013年発売のNexus 5(hammerhead)は、「LG G2」ベースの端末

参考までに、これまで発売されてきたNexusスマートフォンは、昨年発売されたNexus 6を除くと、製造メーカーの手掛ける人気フラッグシップモデルがベースとなっていまししたが、今回はそうした “慣例” に従わないことになるのかもしれません。

[AndroidPIT via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿