マイクロソフトが開発中の「3DタッチUI」、動作映像がリークされる

Neowinは29日(現地時間)、米マイクロソフトが開発を進めている「3DタッチUI」を、実際に利用する様子を捉えた映像が新たにリークされたと伝えています。

以前、画面に直接触れることなく端末の操作を可能にするUI(過去記事)を実装した「McLaren」という端末がマイクロソフトによって開発されているとの情報が伝えられましたが(過去記事)、現在ではMcLarenの開発は既にキャンセルされてしまったとする見方が強くなっています。

しかし今回、その特殊な3DタッチUIを利用して実際に端末を操作する様子を捉えた映像が、新たにリークされることとなりました。映像の中では、ディスプレイに直接触れることなく、いわゆる “フローティングタッチ(ホバー操作)” によって端末を操作している様子が確認できます。

記事212.1

画像は、「McLaren」の試作機とされる端末のもの

ただ、開発途中の試作モデルのためか、その動作は非常に緩慢で認識精度も今一つな印象です。McLaren自体の計画が白紙に戻されている可能性を示唆する声もある中で、この3DタッチUI技術の開発もキャンセルされてしまったかは不明です。

[Baidu via Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿