マイクロソフト、セキュリティレベル「緊急」の更新プログラム提供を開始

マイクロソフトは21日(日本時間)、現在サポートされているすべてのWindows OSシリーズに対して「緊急」セキュリティアップデートの提供を開始しました。

記事150.1

今回のセキュリティアップデートは、新たに発見された脆弱性を修正するものであり、マイクロソフトによって評価される ”深刻度” は「緊急」とされています。

以下は、今回のアップデートの概要。

このセキュリティ更新プログラムにより、Microsoft Windows の脆弱性が解決されます。 この脆弱性により、ユーザーが特別な細工がされた文書を開いたり、埋め込まれた OpenType フォントを含む信頼されていない web ページにアクセスすると、リモートでコードが実行される可能性があります

Windows Updateの自動更新プログラムが有効化されている場合には、特別な操作を必要とすることなくアップデートが実行されますが、無効化されている方は、手動でアップデートを実施することが強く推奨されています。また、脆弱性が発見されたソフトウェア一覧については、下記リンク先(左)をご参照下さい。

「端末の遠隔コード実行」というかなり悪質かつ危険な脆弱性を放置しておく理由はないと思われますので、なるべく早いタイミングで更新プログラムを実行してしまった方が良さそうです。

[Microsoft via Neowin]

コメント投稿