Motorola、新型「Moto G」を発表

Motorolaは28日(現地時間)、第3世代目となるミッドレンジ級スマートフォン「Moto G」の最新モデルを発表しました。

記事202.2

Moto Gシリーズは、新興国市場などを中心に人気を獲得していますが、今回発表されたモデルでは新たに「IPx7」相当の防水性能が追加されているなど、先代モデルから順当な進化を遂げた端末となりました。

以下は、Moto G(第3世代モデル)の主なスペック。

OS Android 5.1.1 Lollipop
ディスプレイ 5.0インチ HD(1280×720)ディスプレイ
液晶保護 Corning Gorilla Glass 3
SoC Qualcomm 1.4GHz駆動
64-bit クアッドコア Snapdragon 410
GPU Adreno 306
RAM 1GB / 2GB
ストレージ 8GB(1GBモデル) /16 GB(2GBモデル)
メインカメラ 1,300万画素(デュアルLEDフラッシュ)
フロントカメラ 500万画素
バッテリー 2,470mAh
ネットワーク 2G /3G / 4G LTE通信
ワイヤレス Bluetooth通信
Wi-Fi通信
その他 防水機能(IPx7 相当)
microSDカード (最大32GB)
外形寸法 142.1(W) × 72.4(D) × 6.1~11.6(H) mm
本体重量 155g

バッテリー容量が先代モデルから400mAhほど強化されているほか、RAMとストレージの容量が倍増された “上位モデル” が新たに用意されることとなりました。

記事202.1

水深1mにおいて30分間の浸水に耐えうる「IPx7」相当の防水性能

なお、インドにおける販売価格は1GBモデルが「11,999インドルピー(約2万3千円)」、2GBモデルは「12,999インドルピー(約2万5千円)」とされており、両モデルともに本日より販売が開始されているとのことです。

[GSMArena]

ソーシャルシェア

コメント投稿